ささのはさらさら

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶらり一人旅・2011秋(その12・星空)

<<   作成日時 : 2011/10/19 13:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

波照間島の目的の一つが星空

どうせ行くなら、月明かりのない新月の時期が良いんじゃないかというアドバイスも頂きまして、日程を調整してまさに新月の時期に波照間島に上陸。

初日は星空観測センターがお休みの日だったけど、宿の人々でてくてく歩いて星を見に行きました。
お兄さんたちは前日も見に行って慣れているせいか、暗い道をどんどん進んでいきます。

おいてかないでよー。
見失ったら帰れないからさー。

波照間島では「夜、道に寝そべって星空を見てはいけません」
という注意書きを見かけますが、ずーっと上を向いているとさすがに首が痛くなるから、やっぱりどうしても寝そべりたくなる気持ちは分かります。
でも街灯もなく本当に真っ暗なので、車にひかれかねません。
まぁ、そんなにスピードを出している車もいませんが。

空を見上げるとうっすらと白くなっている部分を発見。
もちろんそれは雲なんかじゃなく天の川。
天の川がはっきりと見えます。

カシオペア座があれで、北極星があれだよねーと確認。
北極星の位置がものすごく低い。
そう、ここは南の島。
緯度が低く、季節によっては南十字星を見ることができる島なのです。

しかし星の数が多すぎて、普段だったらすぐに見つけられる星を見つけるのも一苦労。

二日目は星空観測センターで星空観測会。
微妙に雲も出ていたけど、職員のお兄さんが晴れてる箇所から臨機応変に面白く説明してくれて、さすがだなぁと感心しちゃいました。
初めて自分の星座も見ることができて、その大きさにビックリ。

素晴らしい星空を二日間も見ることができて、めちゃめちゃ幸せ
月明かりは実感することはあっても、星明かりを実感できることってなかったよな。
いや、星明かりって言葉があることがスゴイ。


そして、星空写真は上手く写らないので、素晴らしい星空をお見せ出来なくて残念。
是非自分の目で見に行って下さいね
満月の前後数日間は、月明かりで見える星が半減してしまうのでご注意を。

ちなみに星空観測センターは何もないところにポツンと建っております。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぶらり一人旅・2011秋(その12・星空) ささのはさらさら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる