ささのはさらさら

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅行記 No.2

<<   作成日時 : 2008/03/26 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目午前 ヴェネツィア市内観光

いよいよ本格的な旅の始まり。わくわく
今回申し込んだツアーは、半分ぐらいは自由行動なのだけど
まず午前中はみんなで観光。

この日の朝の集合時間は9時半。
ツアーって朝が早かったり大変そうって思っていたので
そんなに早くないな〜って思ったのだけど、
のんびりな朝はこの日だけでした・・・。

ヴェネツィアについてはそんなに調べていたわけではなくて、知っている事は水の上に造られた都市で、大小の水路が張り巡らされていて、車はなくて全部船で移動するということぐらい

画像バスで本島につながる橋を渡り、上陸。
船でサンマルコ広場へ向かいます。

サンマルコ広場周辺は、古くからヴェネツィアの中心部だったこともあって
今でも大変なにぎわいです。

しかし、ヨーロッパの建物や街並みは本当にキレイ。
中世の雰囲気そのままだし、高さなんかも揃っていて
空が広い
画像画像

まずは共和国総督の邸宅兼政庁舎として使われていた建物、
ドゥカーレ宮殿に入りました。
右側の写真の奥に見えている丸い屋根はサンマルコ寺院。
画像画像

階段を上って3階へ。
画像画像
階段の天井にも装飾が施されています。
ここからは撮影禁止
800uはあるという大きな広間には世界最大の油絵『天国』が。
壁一面絵

他の部屋も壁や天井が絵で埋め尽くされていてとても豪華。
空の青がとても鮮やかな絵がありました。
絵具に青の宝石を混ぜてキレイに発色させたんだそうです。

画像ドゥカーレ宮殿内部からため息橋を渡って牢獄へ。
犯罪者が橋を渡るときに小窓からヴェネツィアの風景を見てため息をついた、といわれる橋。
牢獄は薄暗くて寒そうでした・・・。
宮殿内に裁判所もあったそうなので、判決即牢獄だったのでしょうか。
↑外から橋を見るとこんな感じ(奥側の橋)
観光スポットなだけあって、ゴンドラが多いですね

そして、サンマルコ寺院へ。
豪華
建物内部の壁や天井は全てモザイクで描かれた絵や模様で埋め尽くされています。
しかも金色のモザイクが多いこと
キラキラ
ラッキーなことにちょうど内部がライトアップされていた時間だったので
キラキラ度倍増
撮影NGだったのでお見せできないのが残念
画像
入り口の手前は写真撮影OK
この絵もモザイクで描かれてます

色々な絵を見て感じたことは、
聖書の内容やその国の歴史を知っていないと感動も半減なのかな・・・と。
「あぁ、あの場面の絵ね」ていうのが分からないからなぁ。
確かキリスト教系の大学に通ってて、「キリスト教概論」なんて科目を履修した(必須)はずなんだけどね。
忘れちゃった

観光の締めくくりはヴェネツィアングラス工場。
実演があって、販売もしているという
ツアー旅行で連れて行かれがちなところ。

職人さんが器用に馬の形を作ってました。
画像画像
ヴェネツィアングラスはとてもキレイだけどやっぱりお高い
何か一つお土産でも・・・と思ったのだけど
ダンナ様はあまり興味がなかったようで
急かされて出てきてしまいました。
今思うと、ヴェネツィアだけお土産を買っていないんだよね。残念。

団体での観光はここで終了。
午後は自由行動です
まずは第一関門、昼食
無事に突破できるか  ・・・次号に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅行記 No.2 ささのはさらさら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる