ささのはさらさら

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎の旅(平和を祈る)

<<   作成日時 : 2006/11/27 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

長崎市に着いてまず初めに向かったのが原爆資料館です。
ここは一番最初に行かなければと思っていた場所でした。
戦争を知らない世代だからこそ、戦争のことを知っておかなければならない気がするのです。

画像まず、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館へ。
地上部分には大きな水盤があり、地下に追悼や死没者の名簿が納められた空間がありました。

原爆で亡くなった方々の名簿は、この建物ができるまでは他の場所にあり
保存状態はあまり良くなかったとのこと。
この建物ができて、ようやく温度や湿度管理されたところに名簿は移されました。
遺族の方々の中には名簿を遺骨代わりと思っていらっしゃる方も多く
だからその名簿を納めているこの建物はお墓なのだと
受付にいらした方に教えて頂きました。

とても静かな空間でした。

原爆で亡くなったたくさんの方々に祈りを捧げる事。
私にはそれしかできることはありませんでした。

この建物の中には実際に被害にあわれた方の手記があります。
「本当のことを言うと、もう思い出したくありません」
一番素直な思いではないでしょうか。

そして、原爆資料館へ。
資料館では色々な資料を見ることができます。
当時の写真や映像は見るに耐えません。
でも原爆の被害を受けたものがそこにはあります。
過去の事であり、過去の事ではないのです。

全てを見終わった時、予定していた時間をはるかに越えていました。
たくさん感じる事はありましたが、
生命こそ何よりも尊いものなのだと強く思いました。

中学生の頃に修学旅行で広島に行き、原爆ドームなども見ましたが
今ではあまり記憶にありません。
いろんな経験をして大人になった今だからこそ
感じることができることも多いと思います。

世界史未履修問題で、どうせ補修をするのならば
こういうところで歴史を学んだ方がいいのではないかと思いました。
教科書を読んで終わりにするよりはよっぽど学ぶ事は多いと思います。
日本史ですけど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すっかり寒くなりましたねぇ。今年もあっという間に師走になってしまいました。
長崎の原爆は1945年8月9日の午前11時2分に落ちたそうな。長崎県人ならだれもが知っていてそらで言える数字なのです。一瞬にして7万の命が失われた現実を地元の小学校では当然の教育として行っていたので今でも忘れることがない数字の一つです。実際、私の今でも親交のある友の祖母は被爆手帳を持っていたし、奇形児など原爆による爪痕が身近に存在している、そういう環境でした。
「原爆を使用すればこうなる」ということを間近で感じる為にも世界中の人々が資料館を訪れたら…でも核よりすごい武器が出来ない限りなくならないような気もしますが…平和になるんですかねぇ。
我が青春のアルカディア
2006/12/06 06:20
世界中の人々が、欲をなくせば平和になるかも・・・。
じょう
2006/12/09 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎の旅(平和を祈る) ささのはさらさら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる