ささのはさらさら

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく、天橋立レポート

<<   作成日時 : 2006/03/06 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

この日は前日とは違い、陽も差していて比較的良いお天気。画像

ホテルを出て、またまた路線バスに乗り
2つある展望台の一つ傘松公園へ向かいました。

展望台まではケーブルに乗って行くのですが
観光の団体客と一緒になってしまい
ケーブルはぎゅうぎゅうでした・・・。

で、展望台についていざ「股のぞき」

なぜ「股のぞき」なのかと言いますと、
逆さまから見ると、天に掛かる橋のように見える
ことからこう呼ばれているのです。

下に写真載せときます。

展望台といっても、見るものはコレしかないので
10分もいれば十分で・・・。
しょうがないのでまた、ケーブルに乗って下りました。

さぁ、次はどうしよう・・・
時間もあるし!!ということで
天橋立をあるいてみることに。
全長3.6Km。
地元の方に聞くと、一時間もかからないということで
歩き始めたのは良かったのですが。

延々続く松並木。
行けども行けども松並木。
日差しを遮る松並木。
前日の雪で舗装していない足元はドロドロ。

後半はもう、「まーだー?」って何度思ったことか。

これから行かれる方へ・・・
レンタサイクルで駆け抜けるのがオススメです。

それにしても、
天橋立の松並木は傷んでいる松もかなりあるようで
また、砂浜も波で浸食されて保存のための工事が行われていました。
天橋立を守るために人工的な処置を施すのって
本当に守っていることになるのでしょうか・・・。
今の形を変えない事も大切なのかもしれませんが、
自然の力でできた天橋立なのですから
自然の力に任せて変化していくのが本来の姿なのでは
と延々続く松並木を見ながら感じました。

で、ようやく松並木を抜け
おみやげ物を買って、でもまだ電車の時間もあったので
もう一軒見つけた日帰り温泉へ!!
天橋立温泉 智恵の湯
駅のすぐそばにあってとても便利でした。

暖まったところで、今回の旅も終了です。
帰りの乗り継ぎが、行きみたいに失敗しないように確認して
帰途に着きました。

逆さに見るとこんな感じ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
天橋立
天橋立天橋立(あまのはしだて)は、京都府宮津市の宮津湾にある景勝地である。天橋立は、約7,000本の松林が続く長さ3.3kmの砂嘴(大橋立、小橋立の2つに分かれる)、およびそれを展望する傘松公園の総称である。砂嘴は宮津湾を二分し、内海を阿蘇海(あそうみ)という。逆さに見ると天に架かる橋のように見える... ...続きを見る
ホテルマニア
2006/03/08 16:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
へー…天橋立って自然に出来たものだったんだ。。初めて知りました。うん、確かに天空に架かる橋だ。昔、天空の城とかいうアニメがありましたね。密かにあの曲が好きだったりする。あ、関係ないね。天然なものをコンクリートで固める…そういえば東京都知事様が「これは島だ!」って言った岩の塊はその後どうなったんでしょうねぇ。いっそのこと埋め立ててリゾート地にでもしちゃえばいいのに。しかしまぁ、凄い一人旅ですね。その行動力には驚かされます。でもそういうのっていいですよね。私も温泉に浸かって「はぁ〜極楽極楽ゥゥ」と言ってみたいものです。基本的に出不精なので…きっとしないでしょうね、わたしゃ。。お疲れ様でしたー
我が青春のアルカディア
2006/03/06 23:26
近場で温泉を楽しみたいなら・・・
東京だったらお台場の大江戸温泉、後楽園のラクーア辺りはどうですか?
一人で何でも出来てしまうのもどうなんだか。強くなりすぎるのも考えもの。
じょう
2006/03/08 01:52
ラクーアにカプセルホテルがありましてね。何度か泥酔状態で利用したことがあります。が、当然会社帰りの一杯から起こる出来事でして替えの下着等持ってるはずもなく温泉を利用したことはありません(T_T) 「台場に1人で行け」とは酷なコメント…
いいんじゃないでしょうか、この世の中女の人が楽しめる世の中になってしまっていることだし。男は黙って労働に勤しむべしってか(笑)
我が青春のアルカディア
2006/03/12 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようやく、天橋立レポート ささのはさらさら/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる